工夫点 [smile]

プログラミングにおいて [sad]

  • 回転に、片側だけ動かさずに左右逆回転させることでスムーズな動きになった
  • スピードを動作の変化に合わせて変えたことで動きが滑らかになった

組み立てについて [sad]

  • 輪ゴムとタイヤを駆使して、ちょうどいい筆圧のペンの位置を探した
  • ペンを中心の位置に置くことで描くときのズレを防いだ

感想

プログラミング自体はリピートを使ったくらいのものなので簡単にできた。
けれど組み立ての段階でペンがうまく付かなくて、はじめ書くことができなかった。そこで使っていたペンをボールペンからサインペンにし、輪ゴムで固定+適度な筆圧を加えてやったことで書けるようにはなった。が、まだぶれが出てハートの形を描いているはずなのにかけなかったりなどの問題が起きた…そこからペンを中心に持ってくるという結論に至り、RCXをやぐらのようにして何とかハート [heart]が書けるようになった!!
ほかにも書く紙の質でも微妙に数字を変えたりしなければならなかったりで、予想以上に細かな作業の必要な課題だなぁと思った。
けれど、出来上がったハート(結構大きいが)を壁に貼っていて友達に上手いねって言われてすごくうれしかったデス [smile]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-01-21 (金) 15:51:35 (5324d)