2004/C3

授業もあらかた終盤に差し掛かり始めたころ(1月上旬〜中旬)

 とりあえず班同士顔合わせ。「これからこのメンバーでやっていくのかぁ」みたいな漠然的な感じ。この頃は、まさかこれだけ苦労するということなど知る由もなし。とりあえずライントレース等の課題を終わらせないと、マシンが組み立てられないということで、課題優先の方向で一致。どんな感じでいくかという、方針などは考えておくように、というまぁ適当、先送り感丸出しでした(笑

 

後世に語り継ぐべき事項(パート1)

  • 課題は順次消化せよ。
  • 課題のプログラムは整理し、決して消去や紛失などという愚かなことは決してしてはならない
  • 班の顔をあわせたら、即座に連絡先を交換し、連携を密にせよ

そろそろテストが近づきだして忙しいころ(1月下旬)

 相変わらず、のんびりモード。各自テストも忙しいので、棚上げ状態。テスト後の春休みの予定を決めるが、皆の日程が合わない…。体育のスキー集中講義や、スノボで遊びに行くなど、時期が時期だから仕方が無い。結局直前の数日間ゴリ押しで決定。

 

後世に語り継ぐべき事項(パート2)

  • テスト期間中に集まることはあまり期待できない。
  • 体育の冬季集中講義はかぶる可能性あり、できるだけ早くみんなの予定を聞いておくこと。
  • 友達と遊びに行く計画とかぶる可能性あり、できるだけ早くみんなの予定を聞いておくこと。ロボコン1週間前は予定をいれないことが望ましい。

テストが終わって、時間ができるころ(2月のあたま)

 2/4に補講もあるということで、「そろそろ集まって作り出さないとやばいんじゃないの?」的な雰囲気になる。しかし実際、集まって「さぁやるか!」と思っても、ブロックの山の前に何していいかわからず、呆然とする。「ある程度形になってきたかな?」と思っても、すぐに問題が発生し、挫折感があふれ出す。

 

後世に語り継ぐべき事項(パート3)

  • テストが終わったら即座に集合せよ。
  • 「やばいんじゃないか?」と感じたら、実際まじやばい。

怒涛のロボコンウィーク(4日前〜2日前)

 ようやく皆の尻の導火線に着火するものの、10番教室に朝から来るようになるが、まだやはり集まりが遅く、集中力もすぐ切れる。そして時より漂う「もう単位ロストやな」的雰囲気。

後世に語り継ぐべき事項(パート4)

  • こないやつは叩き起こせ。

ロボコンまであとXX時間とカウントできるようになる頃(2日前〜当日)

 さすがにここまで来ると出力120%、「これはいけそうだ!」と本心から思うも。当日早朝(前日深夜)に深刻なトラブルが発生する。そして長い1日がはじまるのだ…。

後世に語り継ぐべき事項(パート5)

  • 徹夜は死ぬ。一杯一杯、激ヤバでも寝るべきかも。でないと頭が回らない。ただ徹夜のほうが達成感はある?(笑
  • 直前に深刻なトラブルが発生しないよう、改良したら強度や動作を常にチェックせよ。

そしてついにロボコン…(当日〜終りまで)

 試合の合間にも、プログラム、メカの双方に改良は重ねられるが、深刻なトラブルは最後まで解決に至らず。しかも敗者復活戦直前に、落下事故が発生、再起不能となる。

後世に語り継ぐべき事項(パート6)

  • マシンはきちんと管理。落としやすいとこに置かない。
  • 最後まであきらめずに改良を重ねろ。

以下編集中


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-02-14 (月) 14:28:10 (5303d)