2004/C7/台から落ちないロボット(必須)

担当:のぐち

task main()
{
SetSensor(SENSOR_2,SENSOR_TOUCH);
while(true)
{
 OnFwd(OUT_A+OUT_C);
 until(SENSOR_2==1);//落ちそうになったら…
   {
      OnRev(OUT_A+OUT_C) ; //すかさずバック
      Wait(100);
      OnFwd(OUT_A);//アンドターン
      Wait(150); 
      OnFwd(OUT_A+OUT_C);//なんかダンディー坂野みたいなプログラムやね
          }
      }
}

セールスポイント:非常に簡単なプログラムに見えるが、これが以外に落ちへん!!その秘密は…RCX本体から距離を空けて取り付けた装置のお蔭である。装置の先端に取り付けられたタッチセンサーに、これまた最先端に取り付けられたタイヤ付きのてこが崖から落ちたときに、センサーに触れるように調整する事によって瞬時に危険を察知し、本体の転落を免れるというものである。リーチが長いため、勢いで本体まで落ちることなく、しかもある程度角度をつけて崖に向かっても、本体は必ず台の上に残るという予想外の効果をもたらした。(特許申請中)更には、本体の基本構造をいじることなく取り付けが可能なので、あなたのRCXの安全装置に最適ではないだろうか。写真が無いのが残念。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-01-28 (金) 19:26:49 (5319d)