2004/B3

30斑

担当:藤城

   taskmain()    {

   OnFwd(OUT_A+OUT_C);  // AとCのモーターを正回転
   Wait(20);            // 
   Float(OUT_A);        // Aのモーターを滑らかに停止
   Wait(70);            // ハートの右上のカーブを描く
   OnFwd(OUT_A);        // Cを再び正回転させて直進
   Wait(80);            //
   OnRev(OUT_C);        //  Cのモーターを逆回転
   Wait(50);            // その場で回転してハートの先端を描く
   OnFwd(OUT_A);        // Aを再び正回転させ直進
   Wait(80);            //
   Float(OUT_C);        // Cのモーターを滑らかに停止
   Wait(70);            //
   OnFwd(OUT_C);        // 再びCのモーターを正回転させて直進
   Wait(20);            // 最後の微調整
   Flat(OUT_A+OUT_C);   // AとCのモーターが滑らかに停止

  }

感想:ハートの滑らかさを出すためにFloatを使ったが、かえって誤差を大きくしてしまう結果になって残念。毎回違うハートを描く事に。

23班 担当:佐藤

 task main()
{
SetPower(OUT_A,7);
SetPower(OUT_C,0);
OnFwd(OUT_A);
repeat(25)
{
OnFwd(OUT_C);
Wait(3);
Off(OUT_C);
Wait(3);
}
Off(OUT_A+OUT_C);
Wait(10);
SetPower(OUT_A,1);
SetPower(OUT_C,3);
OnFwd(OUT_A+OUT_C);
Wait(20);
SetPower(OUT_A,2);
Wait(20);
SetPower(OUT_A,3);
Wait(20);
SetPower(OUT_A,4);
Wait(20);
SetPower(OUT_A,5);
Wait(20);
SetPower(OUT_C,0);
SetPower(OUT_A,6);
Wait(40);
Off(OUT_A+OUT_C);
SetPower(OUT_A,6);
SetPower(OUT_C,7);
OnFwd(OUT_A);
OnRev(OUT_C);
Wait(50);
Off(OUT_A+OUT_C); 
Wait(10);
SetPower(OUT_C,0);
SetPower(OUT_A,6);
OnFwd(OUT_A+OUT_C);
Wait(50);
SetPower(OUT_A,5);
SetPower(OUT_C,3);
Wait(20);
SetPower(OUT_A,4);
Wait(20);
SetPower(OUT_A,3);
Wait(20);
SetPower(OUT_A,2);
Wait(20);
SetPower(OUT_A,1);
Wait(20);
Off(OUT_A+OUT_C);
SetPower(OUT_A,7);
SetPower(OUT_C,0);
OnFwd(OUT_A);
repeat(25)
{
OnFwd(OUT_C);
Wait(3);
Off(OUT_C);
Wait(3);
}
Off(OUT_A+OUT_C);
}

試験運転は絨毯上、本番は木板上で実施したためタイヤの摩擦が変わり、 waitの数値にずれが発生した。 当時はなかなか原因に気づかず、試行錯誤を繰り返した。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-02-15 (火) 12:02:09