2005/C1/宇佐美

製作者

池尻、宇佐美

プログラム

task main()
{
 SetSensor(SENSOR_1, SENSOR_LIGHT); //センサー1が光センサーであることを指定
 OnFwd(OUT_A);
 OnRev(OUT_C);           
 until(SENSOR_1 >= 45);        //センサー1の値が45以上(通常の明るさより明るい=懐中電灯)をキャッチするまで回る

 while(true)
 {
    if(SENSOR_1 >= 45)              //センサー1の値が45以上(通常の明るさより明るい=懐中電灯)をキャッチする
    {
      OnFwd(OUT_A+OUT_C);           //真っ直ぐ(光のほうへ)進む
    }
    else                  //それ以外の条件
    {
      OnFwd(OUT_A);
      OnRev(OUT_C);         //回り続ける(探す)
    }
 }
}

ロボットについて

説明書にあるタイヤのロボットの前方に光センサーを付けたものを使用。(写真はありません・・・) とてもシンプルでした。

感想

強い光の方を向くロボットに奮闘している間に、池尻君があっさり作ってくれました。 強い光の方を向くロボットはタイマーを使う予定でしたが、どうしてもずれてしまって出来ませんでした・・・。 課題のロボットは片一方にしか曲がらないため、光がずれると1周しないと追従できないロボットでした・・・。 光センサーを2個使うというヒントを手に入れた(というか頂いた)ので、試してみたいと思います。

  • プログラムのコメントや、ロボット本体、プロセスなどの説明があればいいですね。 -- まいける(TA) 2006-02-08 (水) 23:25:46
  • 少ないながら付け足しをしましたが、プロセスについては本当に何も言えません・・・。 -- うさみ? 2006-02-09 (木) 03:16:49
  • まじですか -- jl・:? 2015-07-10 (金) 08:58:54

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-10 (金) 14:57:31