'''〜第4回 ロボット製作〜'''

◆光りによって動くロボット

・プログラミィング

int light_max=0;                       // 明るさの最大値の初期値を0に

task main ()
{
    SetSensor(SENSOR_1,SENSOR_LIGHT);  // センサ1を光センサとする
    while(true)                        // 無限に繰り返す
    {
        repeat(50)                     // 50回繰り返す
        {
            if(SENSOR_1>light_max)     // センサの値が最大値より上の場合
            {
                light_max=SENSOR_1;    // 最大値をその値に
                PlaySound(0);          // 音を鳴らす
            }
            OnFwd(OUT_A);              // 回転
            OnRev(OUT_C);              // 〃
            Wait(10);                  // 0.1秒間
            Off(OUT_A);                // 停止
            Wait(5);                   // 0.05秒間
        }
        OnFwd(OUT_A);                  // 回転
        OnRev(OUT_C);                  // 〃
        until(SENSOR_1>light_max);     // 最大値まで
        while(SENSOR_1<light_max)      // 最大値を下回るまで
        {
            OnFwd(OUT_A+OUT_C);        // 前進
        }
    }
}

◆ロボットについて...

◎構成

  • ロボットはタイヤを使ったタイプのもの。
  • センサーは1コを使用しているもの。

◎工夫・苦労をした点

  • センサーが光りに反応しやすいようにどのような角度にしたらよいかという点。
  • センサーを2コ使うのと1コを使うのでは何か差があるのかということを考えた点。 コメントをどうぞ!!

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-02-17 (金) 12:44:08 (4938d)