目次

質問があれば松本 (matsu@johnen.shinshu-u.ac.jp)まで連絡ください。

キット片付け方と返却の際の注意点

注意点:

  • 直接研究室(生協パンショプ&学生控室の奥の廊下のつき当たりの右手側)まで返却してください。平日の午後ならば大抵在室していますが、金曜日以外に返却する場合には念のため電話・メール等で時間を確認してから来室してください。後期の授業でも使用しますので、遅くとも9/22(金)までには必ず返却してください。
  • 付録の説明書も忘れずに返却してください。説明書が損傷している場合には、できる限りきれいに修復してから返却してください。
  • 2セットのうちRの方の部品を完全に揃えてください。そしてLのセットで足りなかった部品をチェックシートに記入して、研究室で補充の上返却してください。
  • 余分な部品は別に分けて持って来てください。
  • 電池は抜いてください。使えない電池は別にして持って来るか、各自で処分してください。
  • 以下の「パーツのしまい方」の通りに部品をケースにしまってください。(クリックで画像拡大)

パーツのしまい方

ケース上段ケース下段
dscn2385.jpgdscn2384.jpg
小物ケース
dscn2383.jpg

ケース下段の向かって上側にはRCX,IRタワー,ビーム(ポッチのある穴あきブロック)、下左にはその他のブロック類(スロープや円筒形のものを含む)、コード(短)、下中央にはリフトアーム(ポッチのない穴あきブロック)、ホース、コード(長)、下右にはプレート類(1/3の厚さのブロック)をいれてください。プレート類はあとで外しにくくならないように、ばらしおくか、くっつける場合には写真のように一段づつずらしてください。

特殊なプレート類は、小物ケースに入っています。

返却状況

チームキット
本体
説明書不足部品
の補充
返却日・備考
A1L(8/2),R(9/19),IRタワー紛失
A28/2
A3R(8/2),L(9/25)
A48/22
A5R(8/2),L(8/11),モータ破損,IRタワー紛失
A6R(8/2),L(9/22)
A7R(8/2),L(8/8)
B19/29,説明書紛失(L),IRタワー紛失(R,L)
B28/2
B38/2
B48/25
B58/9, RCX故障・交換
B6R(8/2),L(8/25)
B78/2
C18/2
C2R(8/2),L(9/11)
C38/11
C4R(8/2),L(8/16)
C5L(8/2),R(9/29)

本日1 昨日0 合計1575


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-03 (火) 11:51:19 (4704d)