目次


日時・場所

日時
2006年2月9日(金) 13:00〜
場所
10番教室
予定
  • 13:00〜13:20 (競技の説明と各係の選出)
  • 13:30〜14:30 (競技)
  • 14:30〜15:00 (休憩)
  • 15:00〜16:00 (競技)
  • 16:00〜17:00 (後かたづけ、反省会)

課題:分別ロボットII

紙パックとアルミ缶を収集・分別して所定の場所に運ぶ。

ロボコンのフィールド

フィールドの説明
  • フィールドは約180cm×80cm
  • 運搬する500mlの紙パック(以下単に紙パックと呼ぶ)は約7cm×7cm×10.3cm
  • 紙パックはすべての面に緑色の画用紙がはられている。
  • アルミ缶は350mlで側面にのみ緑色の画用紙がはられている。
  • 紙パックとアルミ缶は3段に積まれていて、片方は紙パック・アルミ缶・紙パック、もう片方はアルミ缶・紙パック・アルミ缶という順序になっている。 積まれた2組のセットは円の中央に置かれていて、2組の間隔は5cmである。

ルール

基本ルール
  • 所定の時間内にアルミ缶と紙パックを分別して所定の場所に運ぶ。
  • 競技時間は2分とする。ただし紙パックあるいはアルミ缶を1個運ぶごとに時間を30秒延長する。
  • 中央のサークル内からスタートする。ただし地面に接していない部分はサークル外にあってもよい
  • スタート時のロボットは3個を越えないこと (スタート後はいくつに分裂してもかまわない)。
  • 開始の合図から5秒以内にRCXのスタートボタンを押す作業を完了すること。
  • 競技が終了するまで、ロボットに触ったり人間が遠隔で操作してはならない。
  • 途中でうまく動かなくなった場合、1回限り再スタートすることができる。
基本得点の計算方法
  • 紙パックあるいはアルミ缶を一個運ぶと+2点
  • 間違ったカゴに入れると-1点
技術点の計算方法
以下の動作の精度・スピード・確実性などを含めた技術的な工夫や芸術性について他の全てのチーム(6チーム)が10点満点で採点し、その平均点を求める。 得点の目安:
  • 紙パック・アルミ缶を集める動作 (2点)
  • 紙パック・アルミ缶を運搬・分別する動作 (3点)
  • 自立型のロボットとしての形や動作の美しさ、斬新さ(3点)
  • その他 (2点)

各係など

司会・審判 (2人)
司会進行、開始・終了の合図と基本得点の計算
得点の集計係 (2人)
技術点を集計する
準備係 (1人)
アルミ缶や紙パックを所定の位置に配置する。
採点の報告係 (各チーム1人)
採点した点数を集計係に連絡する

結果

技術点(各チームからの評価)scoretotal順位
A1A2A3A4A5A6A7ave
A1-8776787.229.22
A25-565665.527.54
A377-67676.7612.71
A4544-5474.804.86
A55444-454.326.35
A664354-44.304.37
A7766865-6.328.33

写真集


添付ファイル: filerobocon-2006b-1.jpg 443件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-19 (月) 10:02:47