目次

課題1:書道ロボット

A4の紙に実家の住所の中の4画以上の1文字を上手に描くロボットを作成せよ。

ただし、一般的な書き順に従って書くこと。また、どのようなペン(or 筆)を(1本だけ)使ってもよいが、それ以外はキットに含まれている部品のみを使用すること。モータは3つ使ってもよい。 キットに含まれる輪ゴムは高価ですがそれほど丈夫ではないので、使う場合には力をかけすぎて切れてしまわないように注意すること。

課題2:黒い線に沿って動くロボット

黒い線に沿って動くロボットを作成せよ。ただし、

  • 速さと正確さを追求すること
  • 交差点で優先側を走っていない場合には、一時停止すること
  • 前方にあるもう一台のロボットに接触した場合には停止して相手のロボットが行き過ぎる、あるいは距離が離れるのを待つこと

課題3:懐中電灯に向かってブロックを投げるロボット

インストの「top secret」を参考にして、ブロック(一番太いホイール)を投げるロボットを作成し、以下の動きをするようにプログラムを作成せよ。 (重複しないように一人一つ以上のプログラムを作成すること)

  1. 全方向から懐中電灯の方向を探しだし、懐中電灯に向けてブロックを投げる。懐中電灯は動かさない。
  2. 懐中電灯をゆっくり動かしたとき懐中電灯に向かって進む。
  3. 懐中電灯をゆっくり動かしたとき懐中電灯に向かって進み、懐中電灯の動きを止めればブロックを投げる。

ただし、モータ、光センサ、タッチセンサはそれぞれ2個まで使用可。懐中電灯の代わりに携帯のライトなどを利用してもよい。 →ヒント (期限:7月5日)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-09 (月) 21:31:34