目次


日時・場所

日時
2008年8月4日(月) 13:00〜
場所
10番教室
予定
  • 13:00〜13:20 (競技の説明と各係の選出)
  • 13:20〜14:20 (競技)
  • 14:20〜14:40 (休憩)
  • 14:40〜15:40 (競技)
  • 15:40〜16:30 (後かたづけ、反省会)
実施
  • 〜14:25(リハーサル)
  • 〜14:50(調整)
  • 14:50〜(競技)
  • 16:00〜(延長戦)
  • 16:30〜(後片付け)

課題:ボール運搬ロボット

テニスボールを所定の位置に運ぶ

ロボコンのフィールド平面図

フィールドの説明
  • フィールドは約160cm×110cm
  • 1000mlの紙パックは約7.1cm×7.1cm×19.6cm
  • ゴールの紙パックには約6cm四方の穴が2箇所開けられている
  • ゴールの穴以外の部分は黒で覆われている
  • フィールドの長辺の中央部におかれたゴールの紙パックの穴は上を向いている
  • フィールドの短辺の中央部におかれたゴールの紙パックの穴は横を向いている
  • 外側の楕円の長径は128cm、短径は96cm
  • 内側の8の字の曲線部の曲率半径は24cmで、交差部は直交している
  • 黒い線の太さは約25mm

ルール

基本ルール
  • ボールを 塔から それぞれ向きの違う棒に挟まれた状態から 運びだし、4箇所あるゴールの箱に入れる。
  • 競技時間は審判が続行不能と判断するまで、あるいはリタイアするまで。
  • 4隅のコーナー(半径30cmの1/4円)のいずれかからスタートする。
  • スタート時のロボットは2個を越えないこと (スタート後はいくつに分裂してもかまわない)。
  • 開始の合図から5秒以内にRCXのスタートボタンを押す作業を完了すること。
  • 競技が終了するまで、ロボットに触ったり人間が遠隔で操作してはならない。
  • 途中でうまく動かなくなった場合、1回限り再スタートすることができる(再スタートの際に別プログラムで起動してよい)。
基本得点の計算方法
  • 半分以上箱に入ったボールだけを得点の対象とする。
  • 横から入れるゴールについてはボール1個2点、上から入れるゴールについては1個4点で計算する。ただし同じ箱に3個のボールを入れた場合には、その箱に限り点数を倍にする。
技術点の計算方法
以下の動作の精度・スピード・確実性などを含めた技術的な工夫や芸術性について他の全てのチーム(9チーム+TAor教員)が20点満点で採点し、その平均点を求める。 得点の目安:
  • ボールを取り出す動作 (3点)
  • ボールを運ぶ動作 (3点)
  • ボールを紙パックに押し込む動作 (3点)
  • 2台以上のロボット、あるいは単体のロボットの場合は2台のRCXの連携の良さ(3点)
  • 自立型のロボットとしての形や動作の美しさ、斬新さ(3点)
  • その他 (5点)

各係など

司会・審判 (2人)
司会進行、開始・終了の合図と基本得点の計算; A3
得点の集計係 (2人)
技術点を集計する
採点の報告係 (各チーム1人)
採点した点数を集計係に連絡する
スタート順
A6,A8,A4,A10,A3,A1,A9,A5,A2,A7

結果

技術点(各チームからの評価)基本点合計順位
A1A2A3A4A5A6A7A8A9A10TAave
A1-1015151416141312131213.4619.41
A217-15171414151411101113.8013.82
A31710-121312119911811.2011.23
A41568-77687547.307.37
A515598-7667336.906.98
A6153536-635355.405.410
A71557697-55346.606.69
A8178121011119-981010.5010.54
A9156101210788-948.908.95
A101678898888-88.808.86

写真集


添付ファイル: filerobocon2008a.png 341件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-04 (月) 16:02:45 (4030d)