2009a/A7/課題3右

ロボットの構造

おまけ

前から

おまけ

後ろから

おまけ

今回のロボットははじくことによって物を投げることはすぐに決まりました

そこではじく方法を工夫しました

紫色のパーツを使うことで男性エネルギーもとい弾性エネルギーを使い(笑)

単純にモーターの力だけで飛ばすのをやめたことにより

遠くの距離に飛ばすことを可能としました

また、今回の課題と外れてしまいますが(ちなみに気がついたのはロボコン制作後)

角度を変えられたほうがカッコいい!!!ということで上下の角度が変わるようになっております

しかし、本体に2つつけることにより光源を探したかったので

3Dでやることにはしませんでした

また、逆にそうしたことにより

モーターの先にモーターのついたすごく重たいパーツをつけ、支えなければならないために

強度にすごく苦労しました

また、同じ理由で、左右のバランスが激しく崩れてしまい

それをいかに直すかというのが課題となりましたが、

軽量化を図ることにより解決をすることができました。

ディファレンシャルギア

ギア

今回もコンセプトはこじんまりです!!!(byリナ)

今回は徹底的にディファレンシャルギアの部分を小さくしてやろうと意気込んで制作しました

そのけっか小型化、左右のギア比の問題は解決をしましたが、

モーターとタイヤのギア比があるかったため全く動きませんでした

そのため、一読見直し、ギア比を重点的に考えたために、

小型化、動作は良くなりましたが、左右のギア比がうまくいかなくなってしまいました…

がしかし、そこはプログラムでカバーできるということで、

少し妥協をしまして、次の作業にかかりました

妥協をしたといっても

左右の幅はRCXと同じ。

縦も長すぎず

タイヤも動く。

というわけで特に問題も見つかりませんでしたので採用をしました。


添付ファイル: file090724_1714~010001.jpg 153件 [詳細] file090724_163517.jpg 155件 [詳細] file090724_163500.jpg 148件 [詳細] file090724_163437.jpg 153件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-09 (日) 22:14:37 (3661d)