目次

課題1:お絵描きロボット

A4の紙に相棒の似顔絵を書くロボットを作成せよ。

  • ひとりにつき一つ以上のプログラムを作成すること。
  • ペン以外はキットに含まれる部品を使うこと。
  • キットに付属の高価な輪ゴムは切れやすいので切れないように細心の注意を払うこと。
  • 改良や調整をしやすくするため、ロボット本体だけでなく、プログラムについても可能な部分についてはサブルーチンや関数、マクロなどを使って部品に分けること。

課題2:黒い線上を動くロボット

次のような周回コース(黒い線)を動くロボットを作成せよ。

  • 通常の交差点が2箇所以上ある
  • ロータリー型の交差点が1箇所以上ある (ロータリーでは反時計まわりに進む)
  • 直角に曲がるコーナーおよびそのコーナーをショートカットするコース(点線)が存在する
  • 急なヘアピンカーブが1箇所以上ある
  • スタート地点に目印がある
  • 黒い線の幅は15〜20mm程度

センサー、モーターはいくつ使ってもよい。プログラムは次の2つを作成すること。

  1. 直角のコーナーを通る
  2. 直角のコーナーを通らない(近道する)

ただし互いに逆方向に周回すること。

課題3:ランタンに向かってテニスボールを転がす(または運ぶ)ロボット

課題2で作成したコース上にランダムに置いたテニスボール(3個)をロータリーの中央部分に置いたランタンに向かって

  1. 転がす
  2. 最短距離で運ぶ

ロボットを作成せよ。ただし、1の場合はテニスボールの置いてある場所から直接転がし、 2の場合はその場所から最短距離で運ぶこと。 ボールを探す際にはラインに沿っても沿わなくてもよい。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-24 (金) 17:04:20 (2976d)