目次


日時・場所

日時
2013年8月2日 16:20〜
場所
10番教室
予定
  • 16:20〜16:30 (競技の説明と各係の選出)
  • 16:30〜17:10 (リハーサル)
  • 17:10〜17:20 (調整)
  • 17:20〜17:50 (競技)
  • 17:50〜 (後かたづけ)

課題:サッカーロボ

2台のロボットでピンポン玉をパスしながら運び、ゴールの空き缶に当てる

ロボコンのフィールド平面図
フィールドの説明
  • フィールドは課題1で使用した紙を2枚つなぎ合わせる
  • 図のように直線を二本加える
  • 図のように空き缶を配置する(緑色)

ルール

基本ルール
  • 競技時間は審判が続行不能と判断するまで、あるいはリタイアするまで。
  • 書き足した直線部からスタートする。
  • 図の上部からスタートしたロボットAがピンポン玉を取りにいく
  • 直線部までピンポン玉を持ってくる (1)
  • 直線部に入ってからロボットBへパスを送る (2)
  • ロボットBは直線部でパスを受け取る
  • ロボットBは直線部でパスを送る (3)
  • ロボットAは直線部でパスを受けとる
  • ロボットAは直線部でパスを送る (4)
  • ロボットBは直線部でパスを受け取る
  • ロボットBがゴールの空き缶の近くまでピンポン玉を運んで空き缶に当てる (5) (ただし黒い線で囲まれた空き缶の領域には入ってはいけない)
  • ロボットBはシュートをした後もう一つのピンポン玉を取りにいく
  • 以後は、これまでのAとBの役割を反対にして、パスを繰り返し、最終的にはロボットAがもう一つのゴールにシュートする。
  • 開始の合図から5秒以内にスタートボタンを押す作業を完了すること。
  • 競技が終了するまで、ロボットに触ったり人間が遠隔で操作してはならない。
  • 途中でうまく動かなくなった場合、1回限り再スタートすることができる(再スタートの際に別プログラムで起動してよい)。
基本得点の計算方法 (片道)
  • ボールをつかむ ・・・ 5点
  • (2)のパスが通る ・・・ 5点
  • (3)のパスが通る ・・・ 10点
  • (4)のパスが通る ・・・ 5点
  • (5)でシュートをする ・・・ 5点
  • シュートが空き缶に当たる ・・・ 10点
  • 反対方向も同じ
技術点の計算方法
以下の動作の精度・スピード・確実性などを含めた技術的な工夫や芸術性について他の全てのチーム(5チーム)が20点満点で採点し、その平均点を求める。 得点の目安:
  • ピンポン玉を取りにいくまでの動作 (3点)
  • ピンポン玉を運ぶ動作(2点)
  • ピンポン玉をパスする動作(3点)
  • ピンポン玉を受ける動作(3点)
  • 2台以上のロボットの連携の良さ(3点)
  • 自立型のロボットとしての形や動作の美しさ、斬新さ(3点)
  • その他 (3点)

各係など

司会・審判 (2人)
司会進行、開始・終了の合図と基本得点の計算
得点の集計係 (1人)
技術点を集計する
採点の報告係 (各チーム1人)
採点した点数を集計係に連絡する
スタート順

結果

本日1 昨日0 合計887


添付ファイル: filerobocon2013a.png 339件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-26 (金) 13:40:03 (2213d)