目次


日時・場所

日時
2015年7月31日 16:20〜
予定
  • 16:20〜16:30 (競技の説明と各係の選出)
  • 16:30〜16:50 (調整&リハーサル)
  • 16:50〜17:40 (競技)
  • 17:40〜 (片付け)

課題:ボールをバトン代りにリレーをする2台のロボット

課題2で作成したコースを用いてタイムレースを行う。

ロボコンのフィールド平面図

ルール

基本ルール
  • 競技時間はロボット1がA地点のスタートラインを横切って、再びA地点のゴールラインに達するまで、あるいは審判が続行不能と判断するまで。
  • ロボット1はA地点から出発し、その直後に黒線上のボールを掴んで指定のコースを通ってロボット2が待機するB地点に向かう (P地点、Q地点では直進)。
  • B地点でロボット1からロボット2にボールをパスする。ただし、B地点の手前の直線コースに入ったらパスを出してもよい。
  • ロボット2はボールを受け取ってから3秒以内に動きださなければならない。
  • ロボット2は指定のコース上をC地点まで移動する (最初のQ地点では直進、P地点で右折、さらにそのすぐ先のQ地点では直進)。その間にロボット1はロボット2がC地点に到着するよりも早くC地点で待機する(ロボット1はどのコースを通っても構わない)。
  • C地点でロボット2からロボット1にボールをパスする。ただし、C地点の手前の直線コースに入ったらパスを出してもよい。
  • ロボット1はボールを受け取ってから3秒以内に動きださなければならない。
  • ロボット1はA地点に指定のコースをA地点に向かう (Q地点では直進、P地点では右折)。
基本得点の計算方法
  • 40 - (タイム[秒] - 90) × 0.2

(例) 90秒なら40点、180秒なら22点

技術点の計算方法
以下の動作の精度・スピード・確実性などを含めた技術的な工夫や芸術性について他の全てのチームが20点満点で採点し、その平均点を求める。 得点の目安:
  • ボールをつかむ動作 (3点)
  • ボールを運ぶ動作、ライントレースの正確さ、滑らかさ(3点)
  • 交差点での正確な動作(3点)
  • ボールをパスする動作(3点)
  • 2台のNXTの連携の良さ(3点)
  • 自立型のロボットとしての形や動作の美しさ、斬新さ(3点)
  • その他 (2点)

各係など

司会・審判 (2人)
司会進行、開始・終了の合図と基本得点の計算
得点の集計係 (1人)
技術点を集計する
採点の報告係 (各チーム1人)
採点した点数を集計係に連絡する
スタート順

2015年7月19日からのこのページのだいたいの訪問者数:

本日1 昨日1 合計1251


添付ファイル: file2015a-robocon.png 144件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-31 (金) 18:15:02 (1480d)