目次

課題

空き缶を探し、空き缶にボールを当てる(25僂里箸海蹐ら)

ロボットについて

課題2のロボットをそのまま使用したので、詳細は課題2を見てほしい

プログラム

#define kaiten OnFwd(OUT_B,30);OnFwd(OUT_C,-30);
#define shoot OnFwd(OUT_BC,-40);Wait(100);OnFwd(OUT_A,-10);Wait(1500);Off(OUT_BC);OnFwd(OUT_BC,70);Wait(100);
task main()
{
   SetSensor(S1);
   int d_min = 100;
     while(true){
     long t = CurrentTick();
     while(CurrentTick()-t=7000){
     kaiten;
   if(SetSensor(S1)<d_min){
     d_min=SetSensor(S1);
   }
   }
   Off(OUT_BC);
   kaiten;
   if(SetSensor(S1)==d_min);
   Off(OUT_BC);
   OnFwd(OUT_BC,30);
   until(SetSensor(S1)==25);
   shoot;
   }
}

感想

課題2のロボットをそのまま使えたので、製作においては簡単であった。

空き缶まで25僂發△襪里如当てるためのボールのスピード調整はなかなか難しかった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-02 (日) 20:15:35 (1484d)