目次


日時・場所

日時
2016年2月5日(金) 16:20〜
予定
  • 16:20〜16:30 (競技の説明と各係の選出)
  • 16:30〜16:50 (調整&リハーサル)
  • 16:50〜17:40 (競技)
  • 17:40〜 (片付け)

課題:ボールを離れた場所から缶に当てるロボットとボールを回収するロボット

課題2で作成したコースを用いてタイムレースを行う。

ロボコンのフィールド平面図

ルール

基本ルール
  • 競技時間はロボットAがSTART A地点のスタートラインを横切って、ロボットBがGOAL B地点のゴールラインに達するまで、あるいは審判が続行不能と判断するまで。
  • ロボットAはSTART A地点から出発し、P地点におかれた赤いボールを拾って350mlのアルミ缶に当てる。その後、ロボットBがボールを回収する。引き続き青いボールについても同様の動作を繰り返す。ロボットBはボールを回収した後、最終的にGOAL Bまでボールを運ぶ。
  • アルミ缶は中身が入っているものを使う。
  • RISのチームはアルミ缶の上に灯台としてランタンを置く。
  • ボールがアルミ缶に当たる前にロボットBがボールに触ってはいけない。
  • ロボットAはセンターラインを超えては行けない。
  • アルミ缶を5cm以上動かした場合は減点
基本得点の計算方法
技術点の計算方法
以下の動作の精度・スピード・確実性などを含めた技術的な工夫や芸術性について他の全てのチームが20点満点で採点し、その平均点を求める。 得点の目安:
  • ボールをつかむ動作 (2点)
  • ボールを運ぶ動作、ライントレースの正確さ、滑らかさ(2点)
  • ボールを投げる動作・正確さ(3点)
  • ボールを探す動作(3点)
  • ボールを回収してゴールまで運ぶ動作(2点)
  • 2台のNXTの連携の良さ(2点)
  • 自立型のロボットとしての形や動作の美しさ、斬新さ(3点)
  • その他 (3点)

各係など

司会・審判 (2人)
司会進行、開始・終了の合図と基本得点の計算
得点の集計係 (1人)
技術点を集計する
採点の報告係 (各チーム1人)
採点した点数を集計係に連絡する
スタート順

2016年1月29日からのこのページのだいたいの訪問者数:

本日1 昨日0 合計923


添付ファイル: file2015b-mission3.fig 61件 [詳細] file2015b-mission3.png 257件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-29 (金) 15:25:38 (1302d)