2018b/Member

課題1

これまで住んだことのある都道府県名、市町村名、地区名などの中から2文字以上、かつ合計10画以上のものを選び、それをA4の紙を書くロボットを製作せよ。

方針

プログラムの作りやすさを考え、ペンが縦横に垂直に動くロボットを作成した。横移動には無限軌道を用いることにした。

10画以上の地名として私の通っていた小学校の文字を借りて「伏見」と書くことにした。

ロボットの説明

土台部分(縦移動)

無限軌道部分(横移動)

ペンを持つとこ

プログラミングの説明

プログラミングまでの導入

#!/usr/bin/env python3
from ev3dev.ev3 import *    # EV3を扱うモジュールをインポート
from time import sleep     # timeモジュールからsleep関数をインポート
#brmA = LargeMotor('outA')     # 装置AのモーターをmAとおく
mB = LargeMotor('outB')     # 装置BのモーターをmBとおく
mC = MediumMotor('outC')     # ペン昇降機のモーターをmCとおく

関数

作戦

無限軌道の端から端までがちょうどモーターの回転180度分だったので設計がしやすかった。無限軌道の0度から180度までの幅が5cm強だった。土台部分の約5cmの移動はタイヤの何回転分かはかったところ、大体120度ほど回転させたところで5cmくらいになったので、その数値に合うように縦横の座標の値を設定した。

実行部分

結果

感想


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-23 (金) 21:47:47 (22d)