buster/sid での変更点のメモ

debian liveの開発リーダーであったDaniel Baumannが開発をリタイヤした後、Debian 9 (stretch) がリリースされました。

が、以下はstretchを飛び越して、次にリリース予定のbuster(とsid)でビルドするためのメモです。

詳しくは本家の変更記録をご覧ください。

UEFI対応 (grub-efi)

最近のstretchやbusterのlive-buildはUEFI(grub-efi)に対応しています。 ただし、現時点で secure boot には対応していないので、パソコン本体のUEFIの設定で secure boot を「無効」にする必要があります。 busterのリリース時には secure boot に対応予定のようです (https://lists.debian.org/debian-project/2018/04/msg00071.html ) 2018-05-01追記

secure bootを「有効」にしておかなければ起動できないようなOS(や設定)をしている場合は、liveを起動するのに毎回設定を変更しなければならないので少し面倒ですが、それでも何とか使えるはずです。

bootloaderの選択は、

lb config --bootloaders syslinux,grub-efi

のようにします。 ただし、hybrid.isoイメージをビルドする場合はデフォルトがこの組み合わせなので、特に指定する必要はないでしょう。

起動パラメータの設定は、 あらかじめカスタマイズしたgrubの設定ファイルを、ビルドするディレクトリの下にある

config/includes.binary/boot/grub/grub.cfg

というファイルに保存しておけばデフォルトの /boot/grub/grub.cfg を上書きしてくれます。

ところで、ライブシステムのデフォルトの /boot/grub/grub.cfg は次のような内容になっています。

set default=0

loadfont $prefix/dejavu-bold-16.pf2
loadfont $prefix/dejavu-bold-14.pf2
loadfont $prefix/unicode.pf2
set gfxmode=auto
insmod all_video
insmod gfxterm
insmod png

set color_normal=light-gray/black
set color_highlight=white/black

if [ -e /isolinux/splash.png ]; then
    # binary_syslinux modifies the theme file to point to the correct
    # background picture
    set theme=/boot/grub/live-theme/theme.txt
elif [ -e /boot/grub/splash.png ]; then
    set theme=/boot/grub/live-theme/theme.txt
else
    set menu_color_normal=cyan/blue
    set menu_color_highlight=white/blue
fi

terminal_output gfxterm

insmod play
play 960 440 1 0 4 440 1

# Live boot
menuentry "Live system" {
        linux   /live/vmlinuz-4.14.0-3-amd64 boot=live config persistence quiet splash noeject live-config.utc=no
        initrd  /live/initrd.img-4.14.0-3-amd64
}
menuentry "Live system (fail-safe mode)" {
        linux   /live/vmlinuz-4.14.0-3-amd64 boot=live components memtest noapic noapm nodma nomce nolapic nomodeset nosmp nosplash vga=normal
        initrd  /live/initrd.img-4.14.0-3-amd64
}

# You can add more entries like this
# menuentry "Alternate live boot" {
# linux /live/vmlinuz-4.14.0-3-amd64 boot=live config persistence quiet splash noeject live-config.utc=no custom options here
# initrd /live/initrd.img-4.14.0-3-amd64
# }
# menuentry "Alternate graphical installer" {
# linux   custom options here
# initrd
# }
# menuentry "Alternate textual installer" {
# linux   custom options here
# initrd
# }

# Installer (if any)


submenu 'Advanced options...' {

# More installer entries (if any)


# Memtest (if any)
menuentry "memtest86+" {
        linux16 /live/memtest
}


}

例えば、日本語のロケールなどを起動時に選択できるようにしたい場合は、menuentry "Live system" {...} の後あたりに次のようなmenuentryを追加しておけばよいでしょう。

menuentry "live system (japanese)" {
        linux /live/vmlinuz-4.14.0-3-amd64 boot=live config persistence quiet splash noeject live-config.utc=no live-config.locales=ja_JP.UTF-8 live-config.timezone=Asia/Tokyo live-config.keyboard-model=jp106 live-config.keyboard-layouts=jp,us
        initrd /live/initrd.img
}

hook の置き場所

以前の、config/hooks/ から config/hooks/live に変更になっています。

config/hooks/live/foo.hook.chroot
config/hooks/live/bar.hook.binary

のような感じで保存しておきます。

また、それにともなって、local/bin/ の下に置いたローカルなスクリプトの実行場所も変更されているので、他のファイルを参照する場合には ../ をつけないといけません (これって仕様変更なのかバグなのか?) https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=870164

2018年1月16日からのこのページのだいたいの訪問者数: 本日1 昨日5 合計677


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-01 (火) 15:46:32 (228d)