最近のノートパソコンはシリアル端子の付いていない機種が多く、RIS1.0付属のシリアル接続の赤外線タワーや Spybotics付属のケーブルを使うのに不便です。

しかし、いろいろなメーカが発売している USB-シリアル変換アダプタを使って、少なくとも Linux上では快適にこれらのタワーやケーブルを使うことができます。これまで筆者の使用してきたのは、すでに倒産してしまった Justy というメーカの UCR-01 という製品です。ずいぶん前に家電屋で4,500円くらいで購入しました。 しかし最近では、秋月電子から 1,200円950円で購入できるUSB・シリアル変換ケーブル も発売されていて、試したところこの製品も問題なく使用できました。

ところでこれらの製品には、Prolific社製の PL2303 というチップが使われています。 このデバイス用のドライバ (pl2303) は Linux 2.2 の時代から存在しているようですが、 2.4系や2.6系のカーネルでも問題なく使えました。

もしドライバ(カーネルモジュール)が自動でロードされない場合には、必要なモジュールを insmod で地道にロードしていくか、それが面倒なときには例えば modconf などのツールを使ってカーネルに組み込みます。modconfを使う場合には kernel/drivers/usb/serial の中にある必要なドライバを選びます。 このJustyの製品や秋月電子の製品の場合は pl2303 というドライバを選択します。

lsmod で見たときに pl2303 (あるいはその他のドライバ), usbserial, usbcore, それと legousbtower がロードされていればいいでしょう。

実際に接続すると

usb 4-2.1: new full speed USB device using address 113
pl2303 4-2.1:1.0: PL-2303 converter detected
usb 4-2.1: PL-2303 converter now attached to ttyUSB0

のようなカーネルのログが残ります。ですので NQC でプログラムをRCXに転送する際には、/dev/ttyUSB0 というデバイス名をシリアルポートとして指定します。例えば、

nqc -S/dev/ttyUSB0 -d hogehoge.nqc

のようなコマンドでプログラムを転送できるはずです。これで SpyboticsのSPCへの転送もばっちりです。

もちろん PL2303 以外のチップを使用している製品でも Linuxでサポートされているチップを積んでいれば利用できる可能性が高いでしょう。 USB-シリアル変換のサポート状況についてはカーネル付属のドキュメント Documentation/usb/serial.txt や http://www.qbik.ch/usb/devices/devices.php の「Serial (USB-to-Serial converter)」を参考にしてください。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-27 (金) 15:37:52 (3824d)