Spybotics

spyboticsについて

NQCでコンパイル

まず spy.nqh というファイルをダウンロードして、プログラムと同じフォルダ(ディレクトリ)に起きます。

#ref(): File not found: "spy.nqh" at page "Spybotics-2004"

次に自分のプログラムの最初に

#include "spy.nqh"

という行を書いておいてください。

コンパイルするには、ターゲットを指定するための「-Tspy」というオプションが必要です。

nqc -Tspy ファイル名

プログラムをコンパイルするだけでなくロボットに転送したいときには、

nqc -Tspy -S/dev/ttyS0 -d ファイル名

のようにダウンロードのためのオプション「-d」とポート指定「-S/dev/ttyS0」が必要です。

spybotics の入出力

出力実際の出力入力センサー
OUT_A右モータSENSOR_1タッチセンサ
OUT_B左モータSENSOR_2ライトセンサ
OUT_C光出力

OUT_A と OUT_B に関しては RCX の場合の使い方と同じです。また、

On(OUT_C);

とすると後方のLEDが点滅します。 またSetSensorでセンサの種類を宣言する必要はありません。

  • ライトセンサの値は0〜1023?
  • タッチセンサの値は?

上面のLEDを点滅させるには?


関連リンク



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-08-31 (水) 23:05:38 (5105d)