目次


図1 学習用簡単ロボット図解

ciec-2006-1.png

図2a プログラム例:黒い線に沿って動くロボット (光センサ1個使用)

ciec-2006-2a.png

図2b プログラム例:黒い線に沿って動くロボット (光センサ2個使用)

ciec-2006-2b.png

授業日程の例 (90分×15週)

第1週〜第3週:図形や文字を書くロボット (センサは使用しない)
  • キットに慣れる (個々の部品の確認、サンプルロボットの作成など)
  • プログラム作成→コンパイル→プログラム転送までの基本操作
  • モータを回転させるための基本的なAPI (Application Programming Interface)の利用方法
  • 定数や変数の使用
  • 手続きの抽象化を理解する(サブルーチンや関数の使用)
  • チーム内の交流を深める
第4週〜第5週:障害物を避けるロボット (タッチセンサを使用)
  • 論理式や制御構文の基礎学習
  • 『押されている(1)』『押されていない(0)』という2値を取る タッチセンサを使用し、if文やwhile文などを 使ったプログラムを作成する (論理積や論理和などの演算も登場)
第6週〜第7週:黒いラインに沿って走るロボット (光センサを使用)
  • 多段階の値を与える光センサを使用
  • 光センサを1個使った場合、2個使った場合、 モータを1個使った場合、2個使った場合など 種々のロボットを製作してスピードや確実性をアップさせる
第8週〜第9週:光を追いかけるロボット
  • 最大値を求めたり,近傍での明るさの差分を取って比較して進むなど これまでよりも多少複雑なアルゴリズムを考える
  • タイマ(時間センサと考えてもよい)の活用
第10週〜第11週:曲を演奏しながら動くロボット
  • 曲を演奏しながら光センサとタッチセンサの両方を監視するなど 複数のタスクを並列で実行させる
  • 割り込み処理やリソース(モータ)へのアクセス権についての学習
第12〜第15週:簡単なロボット・コンテストの開催
  • 空き缶を集めてきて積み上げるロボットや、 紙パックを運搬して所定のカゴに投げ込むロボットなど、キットを2セット使用して多少複雑なロボットを作成する
  • 通信機能を用いる(原始的なプロトコルを設計)
  • チームの人数も増えるため、作業分担を上手に行うことも重要

添付ファイル: fileciec-2006-3.html 183件 [詳細] fileciec-2006-2b.ps 143件 [詳細] fileciec-2006-2b.png 890件 [詳細] fileciec-2006-2b.pdf 168件 [詳細] fileciec-2006-2b.fig 214件 [詳細] fileciec-2006-2b.eps 150件 [詳細] fileciec-2006-2a.ps 134件 [詳細] fileciec-2006-2a.png 932件 [詳細] fileciec-2006-2a.pdf 178件 [詳細] fileciec-2006-2a.fig 122件 [詳細] fileciec-2006-2a.eps 134件 [詳細] fileciec-2006-2.fig 69件 [詳細] fileciec-2006-1.pdf 168件 [詳細] fileciec-2006-1.ps 132件 [詳細] fileciec-2006-1.png 112件 [詳細] fileciec-2006-1.fig 135件 [詳細] fileciec-2006-1.eps 119件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-16 (水) 16:29:00 (4749d)