[[まいける(TA)]]

+工夫した点や、苦労した点を箇条書きするのはいいんですが、「何が」「どういう風」に「どうした」という、SVやHOWをしっかり書きましょう。またそれに対して「どのように考えたり」「どのように行動した」のかを書くとよりよいです。
+プログラムの動作に関する記述がなく、ちょっとわかりづらいです。ここでは一旦文字がかけてしまえば確かに課題は終了ですが、あとで改良修正ができるようなプログラムを作りましょう。例えば、キチンとコメントや解説があれば、「木」を書くプログラムを「本」を書くプログラムを作れといわれても、きっとすぐ作ることができるでしょう。特にロボコンのときは、プログラムが複雑になりがちなので、今のうちからそういう癖をつけましょう。



トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS