このページは信州大学の1年生向けに開講している『ロボティクス入門ゼミ』 という授業のホームページです。教材にはLEGO社のMindstorms Robotics Invention System (RIS)を使用しています。2011年度後期からはRISに加えて現行のキットであるNXTを一部使用しています。2002年度〜2006年度までは松本成司が担当し、2007年度〜2008年度は鈴木治郎&松本成司で、2009年度からは松本が担当しています。

2020年度からは、RISとNXTのキットを使用する「プログラミング入門ゼミ」と EV3を使用する「ロボティクス実践ゼミ」という2つのゼミに分かれて作業を行いますが、 過去の資料などはしばらくこのまま掲載します。

基本的に、「プログラミング入門ゼミ」はこのホームページに 掲載されている従来の授業形式・授業内容と同じです。プログラミング言語としては C言語ライクな言語(NQC,NXC)を使います。 サンプルプログラムや教材は、主にこのサイトに掲載してあります。

一方、EV3のキットを使用する「ロボティクス実践ゼミ」では、プログラミング言語 としてPythonを使います。そして、そのためのかなり詳しい説明や豊富なサンプル プログラムを掲載した「Python ロボティクス プログラミング入門」という近く 刊行される教科書を使用します。 現在このサイトに掲載されている EV3の教材 は少々古い内容なので、今後随時更新していく予定ですが、当面は新しい教科書に 沿って作業を行います。教科書の入手方法については、準備でき次第アナウンスします。

いずれの授業の場合も、eAlps上の各授業の説明に加え、このサイト でも情報を追加していく予定ですので、参考にしてください。

お知らせ

  • 2020年度前期の授業は、シラバスで書かれている内容と多少の変更があります。-- 松本 2020-04-08 (水) 15:13:17

2019年度後期

2019年度前期

2018年度後期

以前のページ

PukiWikiの使い方など

  • PukiWiki -- PukiWikiのご紹介
    • ヘルプ -- PukiWikiで編集するには?

2005年10月からのこのページのだいたいの訪問者数: 本日48 昨日95 合計323598


添付ファイル: filesetup10 411件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-14 (火) 12:12:03